札幌市で個人・企業のお金の相談&セミナー開催はFP事務所「女性のチカラ」へ
相続・贈与、資産運用、教育資金、住宅ローン、確定拠出年金、生命保険・損害保険など

【受付時間】平日 9:00〜18:00(土日祝休)

採用情報のお見積りご相談予約カレンダー学資保険のお見積り

  1. 高技術こだわりサロンから福祉・保育事業まで展開
    〜やりたいことを形にするポジティブ経営の秘訣〜

高技術こだわりサロンから福祉・保育事業まで展開
〜やりたいことを形にするポジティブ経営の秘訣〜

株式会社 メルヴェ
代表取締役 佐藤 麻紀 氏

高技術こだわりサロンから福祉・保育事業まで展開
〜やりたいことを形にするポジティブ経営の秘訣〜

今回は、サロンから放課後等デイサービスまで広く事業を展開されている株式会社メルヴェの佐藤さんにお話を伺いました。

 

 

浅井:現在の事業内容をお聞かせいただけますか?

 

佐藤:ネイルサロンとエステサロン、児童発達支援施設です。10月には企業主導型保育所も開設します。

 

浅井:美容とは毛色が異なると思いますが、児童発達支援施設や保育所を経営しようと思ったのはどういう理由からでしょうか?

 

佐藤:学生時代に新体操をしていた経験があり、体操の先生になりたいという夢を持っていました。実現はできませんでしたが、「どうやったら夢が叶うかな?」と考えて、社会福祉もしながら体操を教える形に辿り着きました。

保育所については、職員が子どもを持った時に、「どのような環境であれば長く仕事を続けていけるか」を考えた結果です。

 

浅井:行動力が素晴らしいですね!

 

佐藤:ポジティブなんですよね。新しいことを始めようとする時、あまり不安に思うことがないんです。常に「どうやったらできるか」「どうやったら可能になるか」を考えています。

 

浅井:最初に起業されたのはいつですか?

 

佐藤:元々ネイリストで、大阪に修業に出たあと、すすきのに3.6坪の小さなネイルサロンを1人で立ち上げました。この9月で12年目になります。

 

浅井:最初からネイルで独立しようとお考えだったのですか?

 

佐藤:社会人になりたての頃はカーディーラーに勤務していましたが、手に職を付けたいという思いから、ネイリストを志すようになりました。祖父母が会社を経営していたので、その姿に幼い頃から影響を受け、経営者になりたいという気持ちもありました。

 

ネイルサロンをオープンした当初は、施術も1人だけで行っていましたが、お客様がたくさんついて下さるようになり、人手が足りなくなったためスタッフを増員することに。店舗も拡大、増設して現在の形に成長させてきました。

 

スタッフの中にエステサロンの経験者がいたことや、自分自身も美容に携わっていたことから、次のステップとして考えたのがエステサロンの経営です。プロの指導を受けて施術を極め、「入れる美容から出す美容へ」というコンセプトのもと、デトックス(解毒)をメインにしたエステサロンを作りました。

 

 

浅井:デトックスのサロンなんですね。ネイルサロンも含めて御社の強みはどんなところですか?

 

佐藤:「こだわり」です。ただ綺麗に見せるだけでなく、ネイルは爪の形、角度などにもこだわりますし、接客やカウンセリングにも力を入れています。時間をかけて丁寧にカウンセリングをしますので、施術を含めて2~3時間くらいかかります。

 

値段設定は他から比べると高めかもしれませんが、「丁寧・高技術」にこだわっています。

エステサロンは開業から今年で2年目になります。現在はスタッフが7名おり、しっかり固定客がついています。技術やこだわりを認めていただいているのかなと思います。

 

浅井:会社全体では職員は何名いらっしゃるのですか?

 

佐藤:50名程です。そのうちネイルサロンは10名。10年かけて、自分が現場に立たなくても信頼できるスタッフたちに任せることができるようになり、今は経営に専念しています。エステサロンも同様にスタッフたちに任せていますが、いつも私自身が施術を受け、感じたことや要望を伝え、常に技術の向上を目指しています。

 

 

浅井:従業員の確保、定着は中小企業の課題ですが、御社ではどのように考えていますか?

 

佐藤:先程お話した保育所の開設も、もともとは従業員のために考案したことですし、働きやすい環境づくりを大切にしたいと日々考えています。

例えば、社員旅行や毎月の楽しい飲み会などを企画しているのもそのひとつ。親睦を深めて信頼関係を築き、同じ職場の仲間同士楽しく働いてもらえるように努めています。

 

スタッフたちにとって長く勤められる会社でありたいと思うので、課題を一つ一つクリアしながら、福利厚生には今後も力を入れていきたいです。

女性で素晴らしい方が働かずにいるのはもったいないと思います。そういう方が家族のためだけでなく、社会のためにも働けたらいいですよね。

 

 

浅井:本当にその通りですね。今後、やりたいことはありますか?

 

佐藤:直感型なので、今現在は「これ」というものが具体的にあるわけではないのですが、「今できることを精一杯やって、興味を持ったことを絶対にやる」と常に思っています。好奇心が強いので、ワクワクすること、やりたいことが見つかった時には、実現のために必要なことを考え、チャレンジしていくと思います。

 

浅井:今日は貴重なお話をありがとうございました。

 

佐藤:ありがとうございました。

 


 

 

【編集後記】

これほど行動力がある女性には初めて出会いました。とにかくポジティブで、でも無理することなくワクワクすること、やりたいことを実現していくその軌跡には感動するばかりです。美しさは内面からも滲み出るものなのでしょうね。見習いたいと思います。

ご相談予約・お問い合わせ・学資保険のお見積りはこちら


ご相談予約はこちら

個人の方も企業の方も、まずは一度お気軽にお電話ください!ホームページからも受け付けております。


☎ 011-699-5267 【受付時間】平日 9:00〜18:00(土日祝休)


ご相談予約カレンダー学資保険のお見積り